就労移行支援制度

就労移行支援について

就労移行支援制度

就労移行支援について

就労移行支援とは

就労移行支援制度とは

障がいのある方の社会参加をサポートする、国の支援制度で障害者総合支援法という法律があります。就労移行支援は、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつです。一般企業への就職を目指す障がいのある方(65歳未満)を対象に働くために必要な知識やスキル向上のためのサポートをおこないます。

何ができる場所?
どんな支援を受けられる?

SUPPORT1

一般企業への就職に向けたトレーニング

パソコン(Excel、Word、PowerPointなど)や電話・メール・チャット、適切なコミュニケーションの取り方等、実際の職場で求められるビジネスマナーやパソコンスキル等の訓練を行います。また、就職に向けて、履歴書の書き方の指導や面接指導等も行い、サポートいたします。

SUPPORT2

自分に合った職場を見つける

「自分にはどんな仕事があっているのかわからない」「働きたいのに仕事がみつからない」「就職するまで何をしたらいい…?」「働き続けられるかわからない…。」など、就職についてわからないことや不安がたくさんあると思います。
そういった就職に対するわからないことや不安について、相談しながら自分にあった職場探しができます。また、就職後は職場に定着するためのサポートを受けることができます。

SUPPORT3

就職活動のサポート

主にハローワークや障害者就業・生活支援センター、障害者職業センター等と連携し、本人にとって最適な職場を見つけるサポートを行います。

SUPPORT4

安定して働き続けるための支援

就職後、仕事の事や職場での人間関係等、職場に定着するために、スタッフと定期的に面談をするなどのサポートを受ける事ができます。

どんな人が利用できるの?

就労移行支援制度を利用できる方は以下のような方です。
  • 身体障がい、知的障がい、精神障がい、発達障がい、難病・その他の障がいのある方
  • 18歳以上65歳未満の方
  • 一般企業へ就職したいと考えている方
※就労移行支援は障害者手帳の有無に関わらず、医師や自治体の判断などにより、就職に困難が認められる方も利用することができます。

どんな人がサポート
してくれるの?

生活支援員

G&Gアソシエイト 生活支援員
自立するための支援として生活面や健康管理等の指導を行います。また、不安なことやわからないことを相談することができます。

就労支援員

G&Gアソシエイト 就労支援員
職場実習や就職活動に関する支援(履歴書の書き方や面接の練習)を行います。就職後の企業訪問・相談等の支援も行います。

職業指導員

G&Gアソシエイト 職業指導員
就職に向けて必要なスキルや知識など職業上の技術を習得させる訓練・指導を行います。

利用期間は有りますか?

就労移行支援制度を利用できる期間は原則2年間です。この2年の間に、職業訓練や職場探しなどのサポートを受けて、自分にあった仕事や職場を見つけていきます。

利用料金について

世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(※1) 0円
一般1

市町村民税課税世帯[所得割16万円(※2)未満]
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、
ケアホーム利用者を除きます(※3)。

9,300円
一般2 上記以外 37,200円
(※1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(※2)収入が概ね600万以下の世帯が対象になります。
(※3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」となります。
※その他条件によって減免があるので、各行政に確認してください。

就労移行支援の流れ

U-MATEの利用開始から就職するまでにかかる期間は人それぞれです。ここでは、就労移行支援の利用例をご紹介いたします。
※以下の流れは一例です。
6ヶ月以内の就職を目指す場合 就労移行支援の流れ

1年以内の就職を目指す場合

6ヶ月以内の就職を目指す場合 就労移行支援の流れ

2年以内の就職を目指す場合

6ヶ月以内の就職を目指す場合 就労移行支援の流れ