FOR COMPANY

障がい者雇用を
ご検討中の企業様

FLOW

障がい者雇用を
ご検討中の企業様

障がい者雇用とは

障害者雇用促進法43条第1項により、従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があります。2021年3月1日から法定雇用率が引き上げられ、民間企業の法定雇用率は2.3%となりました。従業員を43.5人以上雇用している事業主は、障がい者を1人以上雇用しなければなりません。
U-MATEの役割

企業様支援サービス

U-MATEでは、企業様の現状やニーズに合わせて、障がいのある方が働きやすい職場環境を一緒に構築していくためのサポートを行います。障がい者雇用に関する疑問や不安等についてのご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

採用ご担当の方々へのサポート例

SUPPORT 01

雇用準備

障がい者を雇用したいが、どのように雇用したらよいのか、雇用した後はどうしたらいいのか、どのような環境でどのような支援が必要なのか。そういった障がい者雇用に向けての不安や悩みをU-MATE担当者が直接お伺いし障がい者雇用の制度や福祉機関のサポート等についてお伝えいたします。
雇用準備
SUPPORT 02

業務の切り出し

どのような仕事を任せたらよいのかわからない。割り振れる仕事がない。などの悩みに対し、他社様の取り組み事例等をご紹介いたします。また、どのように業務を切り出したらよいのか、どのように割り振ればよいのかというお悩みも、U-MATEが一緒に考えサポートいたします。
業務の切り出し
SUPPORT 03

求人票の作成

U-MATEでは、求人の作成方法や記載方法、その他雇用制度の利用等のご提案が可能です。
求人票の作成
SUPPORT 04

就職後のフォロー・定着支援

実際に就職してみると見えてくる課題も多々あります。そういった課題に対しU-MATEの担当者が定期的に企業様へ訪問し問題解決を支え、医療機関や福祉機関との連携を図り、より企業様と障がい者が、ともに働きやすい環境へとつなげるサポートを行います。
就職後のフォロー・定着支援

企業採用ご担当者様からのよくある質問

企業担当者様からよくある質問をまとめました。
Q1

障がい者雇用をするメリットを知りたい。

障害者雇用促進法により、従業員数が規定以上の企業の場合、定められた人数の障がい者を雇用していないと「納付金」を納める必要があります。これを「障害者雇用納付金制度」といいます。反対に、法定雇用率以上の障がい者を雇用している場合に「障害者雇用調整金」が支給されます。
その他、条件により雇用側が助成金を受け取ることができるというメリットがあります。その助成金には様々なものがあり、金額も異なります。

Q2

初めて障がい者を雇用したが、仕事の教え方が分からない。

理解力や理解するまでのスピードは人それぞれです。まずは仕事への関心をもってもらい、何を教わっているのかを整理、理解してもらうことで、相手の自信と仕事への興味を引き出していくことが大切です。U-MATEでは、一人ひとりにあった教育方法を一緒に考えサポートいたします。

Q3

障がい者と接したことがないので不安……。

不安を解消するためには、まずはその人のことを知ることが大切です。どんな人なのか、どんなことができるのか、どんな性格でどんな特性があるのか。障がいではなく一つの個性としてとらえ、理解し、合理的配慮を提供することができると、より良い関係性を築くことができると思います。
U-MATEでは、障がい者の企業様への就職後も企業様と障がい者がより良い関係性を築けるようサポートいたします。

U-MATEへの見学

U-MATEへ見学に来ていただくことも可能です。どのような様子でどのような訓練をしているのか、どんな方がいるのかを見ていただき、障がい者の方を身近に感じていただければと思います。
U-MATEへの見学

職場見学

U-MATEでは、企業様への職場実習や見学に積極的に参加させていただいています。障がい者の方が実際にお仕事をされている様子等を見ていただき、雇用に向けたイメージ構築に役立てていただければと思います。
U-MATEへの見学